治療の種類と各々の利点

男性医師

納得の上での申し込みを

ほくろの除去治療は皮膚科と美容外科のどちらかで受けることが可能です。皮膚科の場合は悪性の可能性があったり出血などの症状があったりする場合に推奨される医療機関です。見た目の面で除去を希望している場合は美容外科がおすすめとなります。美容外科で受けられるほくろ除去方法は、主に切除手術とレーザー治療の2種類に分けられます。切除手術は文字通りほくろの皮膚組織を取り除き、縫合する外科手術です。根が深くサイズの大きいものでもしっかり取り除けるため、芯が残って再発を繰り返すような心配はありません。手術が終わればあとは抜糸に訪れるだけで何度も通院しなくてよいケースが多いため、一度で済ませたい人におすすめです。次にレーザー治療ですが、こちらはほくろのタイプによって炭酸ガスレーザー治療とQスイッチレーザー治療の2種類のうちどちらかが用いられます。炭酸ガスレーザー治療は盛り上がった形をした大きなサイズのほくろに用いられ、色素部分の組織にレーザーを照射して少しずつ削り取る仕組みです。一方Qスイッチレーザー治療は、盛り上がりのない平らな小さめのタイプに用いられます。こちらは除去というよりは色素を抜いて目立たなくするような仕組みです。レーザー治療はどちらも所要時間が少なく回復も早いため、治療に時間をかけられない人におすすめの治療方法です。ほくろ除去を美容外科で行なう場合は、予約が必須であることが多いです。事前にネットや電話などで確認を取って来院しましょう。同時にクチコミや治療実績など、クリニックの概要も調べておくとトラブルの予防にもなります。予約の上来院すると、まずは医師による診察があります。理由としては、稀なケースではありますがほくろではなく悪性の腫瘍であった場合、美容外科以外の科で治療したほうがいいと判断される場合もあるためです。治療可能と診断されれば、そのまま治療計画を立てていく流れとなります。ほとんどの美容外科クリニックでは、事前に仕上がりなどについてのカウンセリングを設けています。ほくろ除去治療は決して安く受けられるものではありませんので、セカンドオピニオンなどの選択ができるように与えられる猶予期間でもあります。このカウンセリングで注意事項の確認や、かかる費用、治療にかかる期間などの説明があります。それを踏まえ、患者自身が納得し、同意をして初めて契約成立となります。逆に納得できない部分があったり、治療を任せるには不安だと感じたりした場合は別のクリニックへ移ることも可能です。皮膚の一部に手を入れる治療ですので、安心できるクリニックにお任せするのがよいでしょう。

Copyright© 2018 見た目が気になるほくろは除去できる|患部を適切に治療 All Rights Reserved.