気になる美容の悩みを解決

婦人

レーザー除去が一般的

美容外科で行われるほくろ除去治療はレーザー照射や電気メスを使用して行われます。医療用のレーザー機器は種類もいくつかあり、メラニン色素に反応するQスイッチレーザーや水分に反応する炭酸ガスレーザーなどがあり、ほくろの大きさや状態によって使い分けているクリニックもあります。Qスイッチレーザーはメラニン色素のみに反応するので、周囲の健康な皮膚を傷つけることなく、ほくろの組織だけを破壊することができます。1〜2ミリ程度の隆起していない平らなほくろ治療に向いています。炭酸ガスレーザーは皮膚の中の水分に反応して蒸散させる治療法です。Qスイッチレーザーでは対応できないような色素が薄く隆起している部分も治療できるというメリットがあります。最新のレーザー治療では傷跡も目立たずにきれいに除去することができ、治りも早いという特徴があります。小さいものだと一回の施術で取りきれる場合もあり、痛みも少ないため麻酔なしでの施術も可能です。美容外科では施術の前にカウンセリングが行われますが、ほくろが悪性のものかどうか診察をし、判断してから治療に取り掛かります。悪性の可能性が高いと判断された場合はメスで切除して縫合する切縫法という治療が行われます。切縫法は確実な治療法で、再発する心配がないというメリットがあります。美容外科では傷跡を残さないよう配慮して治療を行ってくれるというメリットがあります。しかし、美容目的でほくろを除去する場合はほとんどの場合自費診療になるため、治療費は高額となります。クリニックの中には保険診療で除去できるところもあるので、費用を抑えることも可能です。除去費用はクリニックによって異なりますが、5ミリ以内のものだと3000〜40000円が相場となっています。レーザー治療の場合はほくろの深さや大きさによって照射回数が変わってきます。大きいものは根が深く、一回の照射で取りきれないので、数回に分けて治療することが必要となり、その都度診察代がかかることになります。複数のほくろを同時に除去する場合は、数が増えるごとに割引になる料金システムや取り放題プランを設定しているクリニックもあるため、ほくろの数が多く悩んでいる方にはおすすめです。ほくろは悪性腫瘍である可能性も考えられるため、医師の判断で切除して細胞を検査するケースもあります。病理検査の結果悪性だった場合は健康保険が適用されるので、自費診療よりも費用は安くなります。レーザー治療は施術時間も5〜20分と短時間で終わるため、忙しい方には評判が高い施術方法です。痛みもなくあっという間に除去できるので、もっと早く治療すれば良かった、という良い口コミが多いです。

Copyright© 2018 見た目が気になるほくろは除去できる|患部を適切に治療 All Rights Reserved.