見た目が気になるほくろは除去できる|患部を適切に治療

気になるから取り除きたい

レディ

受診には美容外科が最適

ほくろは、小さな頃から誰にでもあるものです。大きさや場所はさまざまですが、痛みやかゆみがあるわけではなく、基本的にはそれほど気になるものではありません。しかし、それが顔や首など人の目に触れやすい部分にあったり、極端に大きく膨らんでいたりするような場合には問題が異なります。他人の視線が気になってネガティブな思考に陥ったり、時には毎日の生活や性格に深刻な影響を与えたりしてしまうこともあります。このほくろさえなからったらいいのにと、深く悩んでいる人が多いのも事実です。しかし、心配する必要はありません。ほくろは、病院やクリニックなどの治療を受けることで、取り除いてもらうことができるのです。除去のためは、皮膚科や外科などの医療機関を利用するのが一般的です。ただし、場所や大きさによっては、治療や傷跡について不安に感じることもあるでしょう。そこで人気を集めているのが、美容外科でのほくろ除去です。美容外科の特徴は、患部を適切に治療することに加えて、その部位や治療後の見た目の美しさまで追求してくれることです。美容外科を利用すれば、気になるほくろをただ除去するだけではなく、基本的に傷跡の不安なども感じる必要がない治療を受けることが可能なのです。ほくろは、普段あまり気にならないものかもしれません。大きくなったり増えたりすることもあれば、いつの間にか消えてしまう場合もあります。そもそも、ほくろとはどのようなものなのか。これは、実はメラニン色素を持った細胞が皮膚の他の場所よりも高密度で集まることによってできているものです。大きさはさまざまで、身体のどこにでもできる可能性があり、平らなものもあれば膨らんでいるものもあります。ほくろは基本的に良性で、健康上特に問題があるものではありません。ただし、ぱっと見がほくろであっても、実は別のものである場合もあります。似たものとしてまず挙げられるのは、老人性角化腫や老人性色素斑です。前者は一般的には老人性イボと呼ばれ、後者はいわゆるシミのことですが、どちらにも健康上の問題はありません。しかし、一見したところはほくろであっても、注意をしなければならない場合もあります。それは悪性の腫瘍、つまり皮膚がんが疑われる可能性です。急に大きくなったり形がいびつになった場合、あるいは周囲の皮膚との境界が曖昧であったり色の濃淡にむらがあるような症状には注意が必要です。特にこれまでとは異なる気になる様子が見つかった際には、早めに病院やクリニックを受診するのが適当です。

男性医師

治療の種類と各々の利点

ほくろの除去治療には切除とレーザー治療の2種類があります。ほくろのサイズや形状によって治療法が異なるため、まずは医師による診断が必要です。その後カウンセリングが行なわれ、説明に異議がなければ契約成立となり、治療に入る流れとなります。

女性

3種類に大別できる

直径1.5cm以上のほくろは黒アザ、それ未満のものは黒子、そして母斑細胞が存在する深さによって境界母斑と複合母斑、真皮内母斑に分類されます。大きい場合が多い真皮内母斑の治療は、メスでの切除法が選択される可能性が高いです。

婦人

気になる美容の悩みを解決

美容外科ではレーザーや電気メスを使用してほくろ除去治療が行われています。費用の相場は3000〜40000円で、最新のレーザー治療は傷跡も残さず治りも早いというメリットがあり、口コミでは高い評判を得ています。

女医

選び方とサービス内容

ほくろ除去の美容外科を選ぶ際は、医師の腕の確かさや医師の態度、そして料金によるサービスの質の違いを考慮しましょう。サービス内容は、メスを使う場合とレーザーを使う場合で違いがあるほか、保証内容もクリニックによって違います。

Copyright© 2018 見た目が気になるほくろは除去できる|患部を適切に治療 All Rights Reserved.